ロゴ
HOME>クチコミ>歯を多く残すために大切なことって何?歯医者に通っている人の声

歯を多く残すために大切なことって何?歯医者に通っている人の声

治療

歯が痛いという理由で歯医者を受診する方がいますが、できることなら常に口腔内の状態に気を配っておきたいものです。歯医者では、歯のチェックやクリーニングをするなどケアを行っていますよ。

この話題の口コミ

食べかすや歯垢をクリーニングで取り除くことが大事ですね[20代|女性]

どこも悪いところがないからこそ、定期的に歯医者へ通って、余計な医療費がかからないデンタルケアが大事です。今、西新宿の歯医者に通っていますが、食べ残しが口腔内に残って、歯が溶けた話しを聞いたのも、後押しになりました。虫歯の原因になる歯垢は、毎日ブラッシングしていても落とすことができなく、口臭も気になっていました。セルフケアはもちろん、プロケアとして、西新宿の歯医者ではPMTCという器具で歯のクリーニングをしてくれます。ブラッシングでは落としにくい汚れ、ブラシが入りにくい歯間の食べかすまで除去してくれます。痛みもなく、ザラつきもなく、口の中もさっぱりして、毎回1時間程度で終わっています。虫歯治療のように、必要に迫られるワケでもなく、時間にゆとりも持てています。

予防歯科に通って虫歯などに早く気付くことです[50代|女性]

もちろん治療も大切ですが、50代になって重視しているのが、歯の予防です。若い頃と比べると、意識の違いも出てきて、今は西新宿の予防歯科にて、残存する歯のチェックを行っています。予防のために歯医者へ検診に通う、こうした習慣を持つひと回り上の女性は、自身の歯をしっかり残されています。通院するようになり、トラブルの早期発見ができるようになり、治療以前の処置で終わっています。虫歯があっても、初期段階では自覚症状に気付きにくいので、予防歯科に通って、歯科医に口の中を確認してもらっています。歯を削ることも、普段の生活の中で痛むこともなく、心身への負担も軽減されています。今は、歯の再石灰化を促し、歯質を強化するフッ素ケアも行い、虫歯0に努めています。